当サイトでは貸し倉庫(レンタル倉庫)・ハローストレージと契約しようと考えている方に、契約前に知っておいた方がいいことをまとめています。ぜひ参考にしてください!

ハローストレージの評判

 

トランクルーム・ハローストレージの口コミ・評判をネットから拾って集めてみました。

 

  • バイクが置けるので助かる。ラダーレールもあるのでスムーズに入れられる!
  • 保険がかかっているので安心。盗難の保険と火災保険の両方があるのが良い
  • 屋内タイプ、契約前に見学が出来て良かった
  • クレジットカードで契約できるので便利
  • キャンペーンでお得に契約できた
  • 使用料の他に管理費がかかるんですね・・・
  • 駅から近くて換気設備もあるし、中もきれいで安心して預けられます
  • 申込みからわずか2日で契約できた!
  • WEBから申し込めるのは便利

 

おおむね好意的な印象ですが、中にはネガティブなものもありますね。自分に合っているかどうかで最終的には判断するしかないでしょう。

 

ハローストレージでは見学もやっています(予約制)ので、いきなり契約するのが不安であれば、まずは見学の予約を入れてみましょう。

 

ハローストレージはどんな貸し倉庫なのか

ハローストレージは屋内型と屋外型の両方のタイプがあります。

 

屋内型の様子はこちらの動画でご確認ください。

 

 

屋内型はこちらも参考になります。

 

 

屋外型(コンテナタイプ)はこちらです。

 

ハローストレージの料金は?

 

ハローストレージの料金については公式サイトに書いてありますが、公式サイトの説明が少し分かりにくいので、ちょっと補足しておきますね。

 

まず、賃貸住宅の家賃にあたる「使用料」は、もちろん物件によって違います。

 

ハローストレージは屋内型トランクルームと屋外型トランクルームがありますが、屋外型の安いところだと2,000円台/月からあり、屋内型の高いところだと9万円/月くらいと幅があります。家賃と同じで、地域や部屋の広さによる差だと言えます。

 

契約時の初期費用

 

契約時ですが、通常の使用料の他に次の費用がかかります。

 

  • 管理費
  • 事務手数料
  • 鍵代(かからない場合があります)
  • セキュリティ登録料
  • 保証金(クレカ払いならかかりません)

 

これに加え、契約時は使用料を翌月分まで先払いするので、

 

使用料が10,000円の物件(屋内タイプ)を11月16日に契約する場合(クレカ決済)

 

という条件ですと、

 

  • 使用料:15,000円(1.5ヶ月分:日割り計算)
  • 管理費:4,320円(2ヶ月分、日割りできないので)
  • 事務手数料:10,000円
  • 鍵代:2,400円
  • セキュリティ登録料:1,080円

 

ということで、合計して32,800円の支払いが必要です。

 

毎月の費用

 

毎月の費用としては、使用料の他に管理費がかかりますので、

 

  • 使用料:10,000円
  • 管理費:2,160円

 

ということで、合計12,160円となります。

 

解約する時の負担

 

解約をする時に、特に解約料などの料金が発生するわけではありません。

 

解約は末日付けで、契約する時のように日割り計算をするわけではありませんので、その点は承知しておいてください。

 

なお、賃貸住宅と同じように、解約をする時は原状回復義務があります。これは、借りた時の状態に戻して返す義務ということですが、普通に使っている範囲を超えて汚したり、壊してしまった場合に負担が発生します。

 

ハローストレージでは、次の4つの場合に負担が生ずると説明しています。

 

 

つまり、壁に穴を開けた場合、壁の汚れ、全体的な汚損、そしてタイヤ痕(バイクを収納した場合)の4つです。

 

普通に使っていればこういう負担は生じないものと思いますが、バイクを収納する方は注意してください!

 

キャンペーンでお得に契約

 

ハローストレージではキャンペーンもやっています!

 

 

 

使用料が3ヶ月〜最大1年半額だったり、事務手数料が無料になるトランクルームもあります。うまく活用できればだいぶコストが抑えられますね!

 

また、ただいま先着1,500名にハローキティのクリアファイルをプレゼントするキャンペーンをやっています。キティちゃん好きな女性の方は必見ですね。キティちゃんのイラストを施した物件もあります。

 

詳しくは公式サイトにて確認してください!

 

 

 

 

ハローストレージはバイクは置けるの?

ハローストレージでは、屋外型であればバイクの収納が可能です。屋外型でも、さらに次の3つのタイプがあります。

 

通常のコンテナと同じタイプ

 

 

普通の荷物を入れるのと同じタイプのコンテナにバイクを収納数タイプです。ラダーレールは借りることができます。

 

ラダーレールの使い方については、こちらの公式動画で確認してください(なぜかこの動画だけ埋め込みができないので、YouTubeのサイトで直接、ご覧ください)
https://www.youtube.com/watch?v=2FgUt1ZNu88

 

バイクボックスタイプ

 

 

バイクを収納する専用のコンテナです。

 

青空タイプ

 

 

普通の駐輪場と同じタイプ。料金は安めになっています。安いところは月額540円なんていうところもありました。

その他Q&A